手作り 洗顔石鹸

手作り石鹸と市販の石鹸との違いはなに?

市販の石鹸は製造後から購入までに時間がかかるため、変色や酸化、参加による悪臭を防ぐために酸化防止剤や金属封鎖剤などの化学成分が含まれています。
商品のイメージを良くするために着色料、香料などを加えた石鹸もあります。

経皮毒って知ってますか?
私を含めみなさんも日常生活の中で有害化学物質を皮膚から吸収しています。
それを経皮毒と言うんですが、毎日少しずつ私たちの体に毒が蓄積しているんです。
体内での蓄積量(花粉症などと同じですね)があるレベルに達しないと表面化しないので、気がついた時には手遅れになります。

その点、手作り石鹸は、保存料、色素、香料などを無添加で作ることができます。
酸化しにくい油脂を選んでいて、製造後は期限内に必ず使い切ることを守れば、酸化防止剤を配合する必要もありません。

それと手作り石鹸は、それぞれの肌質に合った材料で素材を調合することができるのも大きな魅力ではないでしょうか。

ここ最近、LOHASという言葉を聞くようになりました。
"Lifestyles of Health and Sustainability"の頭文字をとった略語です。
健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル。

手作り石鹸は約24時間で水と炭酸ガスに分解され、川や海などを汚すことがないと言われています。
環境問題への関心も高まりつつある中で、いま手作り石鹸の良さが見直されてきています。

しかし、専門知識のない一般の人が自宅などで作る「手作り石鹸」は、人の肌に良いもの、悪いものの区別がつきにくく、結果的に肌に悪影響といったことになりかねません。

なので、石鹸の専門家が作った手作り石鹸を使う方が安心で安全ではないでしょうか。

スキンケアの基本は洗顔から!
毎日使う洗顔石鹸は、安心して使えるものを選びたい。
それなら、みんなが選んだ洗顔石鹸から試してみませんか?
人気の洗顔石鹸をランキングにしました!

 

気になるランキングはこちら

ランキングを見る

こちら