にきび予防 洗顔石鹸

洗顔石鹸でにきび予防

昔から肌トラブルとして多くの人が悩まされているのが「ニキビ」だと思います。
にきびには10代後半〜20代前半にホルモンバランスの変化によってできる思春期ニキビと、ストレスや生活習慣の乱れで新陳代謝(ターンオーバー)がうまくいかずに角質が厚くなり、毛穴が詰まりやすくなることが原因でできる大人ニキビがあります。
ニキビは体質にも関係していて、皮脂腺の活動が活発な人ほどニキビが出やすいそうです。ニキビは初夏や初秋などの季節の変わり目に出来やすくなったり、他の原因としてはメイク落しをしていない、寝不足、甘いものの摂り過ぎ、ストレスなど色々考えられます。

ニキビ肌にとって大事なことは常に皮膚をきれいにしておくことです。

洗顔の方法としては朝と夜の2回で十分です。
皮脂をきれいに落とすことがニキビにとって大事なんですが、1日に何度も洗顔し、油分をとりすぎも良くないので注意しましょう。

ニキビ肌を洗顔するときは、毛穴を十分に開いてあげることが大切なので、洗顔前に蒸しタオルを顔にのせて毛穴を開いてあげましょう。
その後は洗顔石鹸を十分に泡立て、泡で洗う感じで、ニキビを傷つけないようにやさしく内側から外側に向かって円を描きながらマッサージするように洗ってあげます。
絶対にしてはいけないのが、スクラブ洗顔を使ってゴシゴシ洗い、皮脂を過剰に取りすぎることです。
最後にニキビ予防のポイントとして絶対に顔に洗顔料を残さないことに注意しながら十分すぎるくらい洗い流しましょう。

洗顔石鹸を実際に使ってみると自分の肌にあわなかったり、ニキビには合っていても肌が乾燥して、潤いがなくなったりするものもあるので、色々なタイプのものの中から自分にあった洗顔石鹸を選ぶことが大切です。

洗顔石鹸でにきび予防するなら

日本人の肌に合うように開発したニキビ占用石鹸。7万件以上の相談を分析し、完成しました!

おすすめ商品を見る