泡立て方 洗顔石鹸

洗顔石鹸の上手な泡立て方

最近は洗顔フォームよりも固形石鹸の方が人気が高いです。

美肌は「洗顔に始まって洗顔で終わる」と言われいるように、顔全体に泡をのせ力を入れずにやさしい泡でなでるように、ゆっくり時間をかけて洗うのがポイントです。

洗顔石鹸の上手な泡立て方を知っていますか?
泡洗顔がいいと最近よく耳にします。
泡洗顔がなぜ良いかというと、キメの細かい泡を立てることによって、皮膚の汚れを包み込み、毛穴の奥まできれいに汚れを落とすことができるからです。
泡立てが上手にできていれば抜群の洗浄効果を発揮してくれます。

石鹸を上手に泡立てて使うと、洗い流しの際に泡が消えると同時に汚れも一気に落ちます。
逆に、石鹸を泡立てずに使用した場合は、石鹸が残らないように入念に洗い流す必要があります。

泡立てていても、しっかり洗顔ができないと感じる場合は、泡のひとつひとつが大きくて毛穴に入らず、汚れがきちんと落ちていないのかもしれないので、泡立て方を見直す必要があるかもしれませんね。

とにかく石鹸は充分な泡立ちで汚れを落とす効果があるのでケチらずに使いましょう。
手と手が軽く触れるくらいの感じでクルクルと円を描きながら泡立てますが、どうしても上手く泡立たない場合は専用ネットなどを利用して泡立てるのも1つに方法です。
この時にキメ細やかでクリーミーな泡になるまで、ぬるま湯を加えながらするとよいです。

泡がキメ細かくなればなるほど肌に負担をかけず、しっかり隅々まで洗うことができるようになります。

洗顔石鹸によっても、泡立て方や洗い方によっても肌は変わっていきます。
また、メイクなどの洗い残しが積み重なるにつれ肌がくすんできます。
たかが洗顔と思わずに、洗顔石鹸で毎日丁寧に顔を洗って下さい。

スキンケアの基本は洗顔から!
毎日使う洗顔石鹸は、安心して使えるものを選びたい。
それなら、みんなが選んだ洗顔石鹸から試してみませんか?
人気の洗顔石鹸をランキングにしました!

 

気になるランキングはこちら

ランキングを見る

こちら