弱アルカリ性 洗顔石鹸

弱アルカリ性の洗顔石鹸

洗顔を使用するときに気になるのが弱酸性を使うべきか、弱アルカリ性を使うべきかだと思います。

普通、石鹸は弱アルカリ性なんですが、洗顔フォームは弱酸性のものが多くなっています。私たちの肌は弱酸性なので、弱酸性のもので洗うほうが肌には良いのではないか?と思う方も多いのではないでしょうか。
今まで弱酸性の洗顔を使っていた方が弱アルカリ性の洗顔石鹸で洗顔すると肌のツッパリを感じます。
なぜかと言うと、弱酸性の洗顔石鹸は弱アルカリ性の洗顔より汚れを落としてしまうので肌自体が一時的に保護されていない状態になります。
なので弱アルカリ性の洗顔石鹸はあまり良くないようなイメージですが、弱アルカリ性の石鹸でも、洗うためのもので、肌の上にいつまでも置いておくものではありません。
なので、ちゃんと濯げば皮脂の自然な分泌で弱酸性に戻りますし、くすみのもとになる老化角片を柔らかくして取れやすくしてくれるので最適なんです。

逆に弱酸性の洗顔を使っていても肌トラブルは起こります。
なぜかと言うと弱酸性の洗顔料はアルカリ性のものに比べて汚れ落ちが悪く、弱酸性の洗顔料で洗っても、皮脂や古くなった角質などが十分に取り除けず、肌に汚れが残ってしまうからです。
また、油分も多く含まれているので、洗った後に潤いを感じますが、逆に肌が持つ本来の力を衰えさせてしまうことにもなります。

上記のことから、どちらがいいのか一概には言えませんが、肌の状態によって選ぶのが一番いいのかもしれません。
また、弱アルカリ性の無添加石鹸であれば、皮脂や古い角質、ホコリなどをきれいに落とせて、刺激物が含まれていないので、肌の弱い人にも適した洗顔料ではないかと思います。

スキンケアの基本は洗顔から!
毎日使う洗顔石鹸は、安心して使えるものを選びたい。
それなら、みんなが選んだ洗顔石鹸から試してみませんか?
人気の洗顔石鹸をランキングにしました!

 

気になるランキングはこちら

ランキングを見る

こちら